受講約款

本約款は、一般社団法人日本産業カウンセラー協会(以下「甲」という)が実施するキャリアコンサルタント養成講習(以下「講習」という)に適用される条件を定めたものです。講習を受講しようとする者(以下「乙」という)は、本約款に同意したうえで受講の申込みを行ったものとみなします。

第1条 受講契約の成立

受講契約は、乙が甲に講習受講申込書を提出し、講習受講料を支払った後または乙と信販会社との間の学費ローン契約の成立を甲が確認した後、甲が乙の受講を承諾した旨の書面を発送した日に成立するものとします。

第2条 講習の実施

甲は、受講案内書記載の日時に講習を実施します。ただし、自然災害などやむを得ない事情がある場合には、日時等を変更または代替措置を講ずることとします。

第3条 受講の条件

乙がメンタルヘルス不調で治療中等の場合には、次の条件を満たすことが必要です。メンタルヘルス不調の定義はICD10またはDSM-5の診断名によります。

  •  ①受講申し込み前に必ず協会に相談し、主治医の書面による許可(診断書等)および講習受講に関する同意書を提出すること。
  •  ②乙が就業している場合には、メンタルヘルス不調による欠勤または休職中ではないこと、復帰後は業務上の措置が解除されていること。または就業していない場合においては主治医が就業可能な状態であると判断していること。

第4条 受講契約の解除

  • 受講契約の解除は、書面により行うものとします。
  • 2.開講前に受講契約を解除する場合には、以下の基準を適用します。
    • ①開講日前4週間の応当日(応当日が土曜、日曜、国民の祝日にあたる場合はその前日までの甲の事務取扱日)までの申し出については、乙の支払った受講料より事務取扱手数料(振込み手数料を含む)として2,000円を控除した金額を返還します。
    • ②開講日前4週間の応当日を経過し開講日前日(開講日前日が土曜、日曜、国民の祝日にあたる場合はその前日までの甲の事務取扱日)までの申し出については、乙の支払った受講料より講習開講の経費(受講料の15%相当分)を控除し、併せて事務取扱手数料(振込み手数料を含む)2,000円を差し引いた金額を返還します。
  • 3.開講日以降は、以下の場合を除き乙から受講契約の解除はできません。この場合の返金等の取り扱いは、所定の基準によるものとします。
    • ①乙が受講教室の変更が不可能な地域へ転勤する場合。
    • ②乙が事故または重大な心身の疾病によりそれ以降の受講が不可能になり、かつ医師の診断書が提出された場合。ただし、乙が、第3条第①号の条件を満たして受講を開始した場合でメンタルヘルス不調により受講が不可能になった時、または、第3条第②号に定める状態にあったにもかかわらず同項に定める条件を満たさずに受講を開始し、かつメンタルヘルス不調により受講が不可能になったときには、本項は適用されません。
    • ③乙が死亡した場合。
  • 4.甲は、次の各号の一に該当するときは、受講契約を解除することができます。この場合、講習受講料は返金しません。
    • ①乙が犯罪行為、反社会的行為または著しく公序良俗に反する行為をしたとき。
    • ②乙が受講中に講師、演習講師等の指示に従わず、または講習の進行に支障を及ぼすなど、乙の受講が適切でないと甲が判断したとき。

第5条 修了認定

乙が所定受講時間数および通信添削問題・習得度確認試験を修了したときは、一般社団法人日本産業カウンセラー協会キャリアコンサルタント養成講習修了証を交付する。

第6条 著作権

  • 講習に関する著作権は、甲または使用するテキストや資料等の作成者に帰属します。配布するテキスト、ビデオテープ、その他一切の教材の複写複製または他での使用はできません。
  • 2.乙は、講習内容を録画・録音することはできません。録画・録音に関して特別に講師の許可があった場合でも、それを複写複製または他で使用することはできません。
  • 3.乙は、講習の具体的な内容をインターネットや出版物等を通じ公表することはできません。

第7条 受講に関する支援

  • 講習は、原則として日本語で行い、他の言語による通訳等のサポートはいたしません。
  • 2.受講にあたり補助・介護など特別な支援を必要とする場合には、甲の事前の承諾を得るものとし、それに関わる費用、手配は乙の負担とします。

第8条 免責事項

甲の責めに帰さない事故ならびに講習を実施する施設内において生じた盗難および紛失などについては、甲は責任を負いません。

第9条 情報保護

  • 甲は、本講習に関連して収集した情報については、個人情報保護法を遵守し、適切に取り扱います。特に、第3条第①号および第②号ならびに第4条第3項②号にかかわる書面については厳格に取り扱います。
  • 2.乙は、本講習に関連して知りえた個人情報等を第三者に開示できません。

第10条 通知

乙は、住所、氏名を変更したときは、遅滞なくその旨を書面により甲に連絡しなければなりません。変更の通知がない場合には、甲は乙に送付すべき郵便物は受講申込書に記載された乙の住所宛に発送すれば足り、その郵便物は通常到達すべき時に到達したものとみなします。乙に発送された郵便物が乙の不在のため郵便局に留置されたときは、留置期間満了時に乙に到達したものとみなします。

第11条 責任の制限

講習に関連する乙の請求に対する甲の累積的責任は、講習受講料を上限とします。

第12条 管轄裁判所

本契約に関して紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の合意管轄裁判所とします。

               

2016年 1月20日作成

2016年11月27日改定

ページの先頭へ